宿泊を伴う旅行を計画するうえで、ホテル選びは大きな楽しみの1つです。業務上の出張であっても、ホテル選びは疲れを癒し、翌日への英気を養う上で重要になってきます。みなさんは、ホテルをどのような基準で選ぶでしょうか。旅行なら温泉施設や食事の充実度、出張なら交通の便や会議室などの施設の充実度合いは重視したいですよね。

価格に関していえば、とにかく少しでも安く済ませたいという場合もあれば、予算の枠内で「これだけは譲れない」という条件がある場合、そして、お金がかかってもホテルにはこだわりたいという場合もあるでしょう。憧れのホテルに泊まりたいために旅行を計画するということもあるかもしれません。

現地での宿泊が2泊以上になる場合、ホテルの選び方は少し変わってきます。旅行であれば、現地の複数のホテルを体験してみるのも楽しみの1つでしょうし、出張であれば移動の拠点となるホテルは1か所に決めて連泊する方が好都合な場合が多いことでしょう。

連泊する場合、日程の途中でホテルの移動をしなくて済むので、ゆったりすごすことができるのが大きなメリットではありますが、ホテルの選び方によっては経済的にもメリットがある場合があります。一部のホテルでは、日程などに多少の制限はありますが、連泊の予約をした顧客に対して料金を割り引くなどのサービスを行っているのです。ここでは、ホテルが連泊プランを設定する理由と、具体的な連泊プランの例をご紹介します。