連泊プランの例

ホテルの連泊プランは、比較的稼働率の低い時期や曜日に設定されることが多いようです。稼働率の低い時期はホテルの形態によって多少の違いがあり、観光ホテルなら旅行客の少ない平日、ビジネスホテルなら出張者が少なくなる週末などに設定されます。

2泊目以降の宿泊料金を一定の割合(または一定の金額)で安くする以外にも、ホテルによってさまざまなサービスを展開しています。北海道のとあるホテルでは、連泊の場合、宿泊期間中に1回使える岩盤浴の無料券をサービスしています。また、九州のとあるビジネスホテルでは、連泊の場合ワイシャツのクリーニングが無料になっています。この他、基本は朝食なしのプランであっても、連泊の場合は朝食チケットがつくという場合、観光ホテルで夕食付のプランの場合、連泊すると2泊目の夕食が豪華になるなどのサービスもあります。

また、ホテルによっては「エコ連泊プラン」という割引サービスを行っているところもあります。これは、ホテルで1泊ごとに行っている清掃や備品の交換などのサービスを、連泊の場合には省くことで料金を割引するものです。清掃は毎日でなくていいという人にとってはありがたいサービスですし、環境にも優しいというのは大きなアピールポイントになっています。同じように、金沢のホテルの一つで実施されている連泊プランには「グリーンカード」というものを推奨しているところがあります。このカードを部屋のドアノブに掛けておくと、滞在中のシーツ、枕カバー、ナイトウェアの交換は行われなくなります。バスマットとタオルは交換されますが、最低限のものだけの交換になるので環境に配慮した素敵なプランメニューといえるでしょう。

{ Comments are closed }

連泊プランを設ける理由

連泊プランを設定しているホテルを利用すると、1泊分の料金×泊数よりも安く泊まれる場合があります。では、そもそもホテル側はなぜ連泊プランを設定するのでしょうか。ホテル側にとって最も望ましい状況は、全ての部屋が全ての日程において利用されることです。ホテルは建設にもメンテナンスにも多くの費用がかかっているわけですが、どれほど豪華な部屋であっても、使われていないのでは利益をもたらしません。

部屋がどれだけ使われているかを示す数字を稼働率といいますが、ホテルを経営する上ではこの数字を一定以上に保つことが不可欠になってきます。とある部屋に今日泊まる客と明日の客が同じでも違っても、ホテルにとっては何の違いもありません。ただ、ホテル業界に限ったことではありませんが、予約の獲得は常に同業者との競争にさらされています。インターネットなどで多くのホテルの情報が得られる時代、より多くの利用客を得るためには少しでも他との差別化をはかることが必要になってきます。

連泊する顧客に対して料金を割り引いた場合、1泊ずつ別の人が泊まる場合よりも多少売り上げは少なくなります。それでも、単独の顧客が2泊以上することが確定されれば、部屋の利用が確保できるというメリットが大きいため、ホテルは割引を行っているのです。

{ Comments are closed }

ホテルの連泊プラン

宿泊を伴う旅行を計画するうえで、ホテル選びは大きな楽しみの1つです。業務上の出張であっても、ホテル選びは疲れを癒し、翌日への英気を養う上で重要になってきます。みなさんは、ホテルをどのような基準で選ぶでしょうか。旅行なら温泉施設や食事の充実度、出張なら交通の便や会議室などの施設の充実度合いは重視したいですよね。

価格に関していえば、とにかく少しでも安く済ませたいという場合もあれば、予算の枠内で「これだけは譲れない」という条件がある場合、そして、お金がかかってもホテルにはこだわりたいという場合もあるでしょう。憧れのホテルに泊まりたいために旅行を計画するということもあるかもしれません。

現地での宿泊が2泊以上になる場合、ホテルの選び方は少し変わってきます。旅行であれば、現地の複数のホテルを体験してみるのも楽しみの1つでしょうし、出張であれば移動の拠点となるホテルは1か所に決めて連泊する方が好都合な場合が多いことでしょう。

連泊する場合、日程の途中でホテルの移動をしなくて済むので、ゆったりすごすことができるのが大きなメリットではありますが、ホテルの選び方によっては経済的にもメリットがある場合があります。一部のホテルでは、日程などに多少の制限はありますが、連泊の予約をした顧客に対して料金を割り引くなどのサービスを行っているのです。ここでは、ホテルが連泊プランを設定する理由と、具体的な連泊プランの例をご紹介します。

{ Comments are closed }